6.音楽大学受験時の宿泊先

  • トップ
  • >
  • 6.音楽大学受験時の宿泊先

こんにちは!

ミュージションの戸口木綿子です(*’ω’*)。

 

私も十数年前は音大生だったわけですが、

当時は宿探しに苦慮しました。

 

声楽科を受験する私に、受験前の宿泊先で特に重視したポイントをご紹介♪

①バスタブ!

→受験シーズンは特に乾燥が気になる時期。

喉の加湿を考え、はじめは≪加湿器≫をレンタルしてくださるホテルをさがしていましたが、

加湿器って、ホテルによって、しっかり洗浄されているものもあればそうでないものもあり。

洗浄されていないものだと、かえってバイ菌をまき散らすことになりかねません。

 

そこで確実なのが、バスルームからの加湿。

 

お湯を並々貯めて、バスルームのドアを開放しておく。

こうすれば、加湿器とは比べ物にならないほど一気に加湿されますので、

便利でした♪

 

バスタブの無いホテルの部屋しか取れなかった場合は、

タオルをぬらして干しておくだけでも、

多少は加湿効果が得られます(^◇^)。

 

②試験会場からなるべく近い場所

→これは言わずもがな、ですが。

首都圏は特に、朝のラッシュ時などは電車遅延が当たり前な路線もあり、

NAVIT○MEやYaho○!路線情報などの情報通りに、

現地に着けない可能性を想定して、

30分~1時間前行動をとることが必至。

 

せっかく体調コントロールして臨んでも、

それで狂わされてしまってはもったいないので、

できるだけ会場から近い宿泊先を早めにおさえることが必要です。

 

③音が出せる宿泊先があれば尚良し!

→まだまだ数は少ないのですが、

グランドピアノが設置された宿泊先なども最近では出てきました。

24時間楽器演奏推奨賃貸マンションの「ミュージション」でも、

“試し住み”という形で、一部屋グランドピアノ付のお部屋をご提供させていただいていますが、

毎年受験シーズンとなるとあっという間に予約で埋まってしまいます。

 

お問合せはお早めにコチラから♪

 

 

以上!音大受験時の宿泊先選びの参考になさってみてくださいね♪

 

 

これまでのコラムはコチラから♪

賃貸情報

スペシャルコンテンツ

お問い合わせ