お知らせ

7.遮音・防音の違いについて

2017/06/19 作成

こんにちは!!

ミュージションの戸口です!(^^)!。

 

24時間楽器演奏推奨マンション「MUSISION」は、

防音・遮音構造マンションです!

とお伝えしているのですが、

ここでふと、“遮音”とか“防音”って、何が違うの??

と気になった方も多いのでは?

 

そこで今回は、

“遮音”と“防音”の違いについてピックアップ♪

 

【遮音とは】

外に音を出さないよう、

壁や天井・床などにできるだけ多く音を反射させて、遮ること。

ミュージションのお部屋に使われているコンクリートやプラスターボード(石膏ボード)などが、

遮音材にあたります。

 

【吸音とは】

音を吸収することで、音が外に出るのを防いだり、

音を発している室内での音の反響を抑えること。

ミュージションのお部屋にも使われている“グラスウール”などは、

吸音材にあたります。

 

【防音とは】

外の音が中に入らないようにすることや、

中の音が外に出ないように防ぐこと(=遮音、吸音)を意味した言葉です。

ここまで説明してきた対策の総称を“防音”と言っていることになります。

防音工事、と一言でいっても、

内容は遮音対策だったり吸音対策だったりするわけですね。

 

【遮音性能D-75ってどういうこと?】

ミュージションは、

最高遮音性能(ミュージション野方brio、ミュージション東日本橋)をD-85達成しています!!

・・・といわれても、

D-85ってなんやねん!!

 

こちらの表をご覧ください。

デシベル生活

 

これが、遮音等級ごとの生活実態に照らした表です。

 

日本建築学会においては、

集合住宅(=アパートやマンション)では、

D-55が特級、D-50が1級、といった具合に、

等級が決められています。

 

ミュージションは全てが≪特級≫、つまり“D-55以上”の遮音性能を確保!

楽器が演奏できることはもちろん、

隣や上下階のお部屋に音が聴こえにくい性能、ということが証明されています。

 

ぜひ、あなたがお持ちの楽器や、モデルルームに設置されているオーディオで、

爆音も隣で聴こえない感動体験を♪

 

モデルルーム(新築「ミュージション東日本橋」、「ミュージション志木」)での遮音体感は、

定休日(火曜・水曜)を除く日時で承っています。

 

お問合せ・お申込はこちらから!

 

賃貸情報

スペシャルコンテンツ

お問い合わせ